NK細胞療法

NK細胞療法に用いられるNK細胞とは

免疫細胞療法という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。これは、自己が持つ免疫細胞を用いて行うがんの治療法です。 免疫細胞療法には、リンパ球であるT細胞療法や樹状細胞療法、そしてNK細胞療法等があります。 今回は、話題のNK細胞療法とはどのようなものなのか簡単に説明していきます。まず、NK細胞療法に用いられるNK細胞とは、「Natural Killer」のことで、その頭文字を取ってNK細胞と呼ばれています。NK細胞はその名の通り、生まれついての殺し屋細胞なのです。そして、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を死滅させる働きがあるのです。 ですから、NK細胞を抽出し体外で増殖させ、再び体内に戻してやることで、がん細胞の撃退効果が期待できるのです。

今まで行われてきたがん治療と免疫細胞療法の違いとは

それでは、今まで行われてきたがん治療と免疫細胞療法の違いを説明します。まず、前者には手術による治療法と抗がん剤による治療法、そして放射線による治療法の3種類があります。これらの治療法により多くのがん患者が救われてきましたが、その一方で激しい副作用も認められていました。 しかし、自己の細胞を用いて行う免疫細胞療法には副作用がないのです。ただし、免疫細胞療法は今のところはっきりとした治療効果が認められておらず、いわゆる民間療法と同様と考えられているのです。また、自由診療に属しますから、健康保険が利用できないのも事実です。 ですから、インターネットの口コミ情報等を利用しながら、NK細胞療法のような免疫細胞療法を実際に行うかどうか十分に検討してみる必要があります。